人材募集

人材募集に関して

【社風】

この世の中には無数の会社があり、社風、いわゆるその会社のカラーも無数にあります。しかし唯一言えることは、これらのカラーを醸成するのは紛れもなく「社長を含めた社員一人ひとり」であることです。

一人ひとりが楽しく前向きに仕事に取り組む会社は、その社風も明るく元気なものになります。 逆に、皆がつまらなく後ろ向けな姿勢で仕事に取り組む会社は、暗くて覇気のない社風が生み出されます。

当社ではそれぞれのメンバーに適切な権限を与え、可能な限り自分の判断で仕事に取り組んでもらうようにしています。
あるドラマの有名な一句「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」。本来であれば「部下の手柄は本人のもの、部下の失敗は上司の責任」のはず。
「頑張った結果の失敗に対し責任を取るのは代表の仕事。だから思いっきりやればいい。」これを社員一人ひとりに認識させ、臆さずチャレンジできる風土を醸成していきます。

【日台混成】

台湾にある日系企業の中には、「決定権を持つが台湾に明るくない日本人駐在員」と「台湾の事情には精通しているが決定権がない台湾人社員」が混在し、お互いのコミュニケーションがうまく取れずに一体感が醸成できない、といったケースが残念ながら少なからず存在します。

このような組織が、せっかく日本語の能力を身につけ、日本のために頑張っていこうとしている台湾の若者達のやる気を削いでしまっては本末転倒ですし、残念でなりません。

日本でも上映された台湾の大ヒット映画「KANO」では、日本人・漢人・高砂族の混成チームのメンバーそれぞれの能力を最大限に生かす監督の采配が功を奏し、あの様な奇跡のストーリーを生み出しました。

当社ではこの「適材適所の原則」を徹底し、日本人・台湾人のそれぞれ優れている点を仕事面に反映させることにより、日台混成によるシナジー効果を生み出すとともに、一人ひとりが自分の仕事における価値を見いだせる職場づくりを行ってまいります。

【当社での成長】

当社の仕事は、毎日来る日も来る日も同じ仕事を行うようないわゆるルーティンワークとは対極にあります。
実施案件も、二つとして全く同じ内容のものがないといっても過言ではありません。

また、仕事上「日台の仲介役」をこなす機会が高く、双方との交渉を通して日本の考え方と台湾の考え方を上手にまとめあげていかなければなりません。

そのため、当社での仕事は「柔軟性」「幅広い視野」「臨機応変な調整能力」「コミュニケーション能力」を養う事が可能で、これらの能力は今後あらゆるフィールドでの仕事に活用することが出来るものであると考えています。

前向きな姿勢で当社の仕事に取り組めば、今後のあなたの仕事人生にきっとプラスになるでしょう。
日台の交流促進のために一緒に奮闘してくれる仲間をお待ちしています!


【募集要項】

現在は募集しておりません。
Page Top